『 星椎先生、アトランティス協会の皆様
先日は私のご先祖様をご供養と、お名前の呼び直しの儀を施して頂き、誠にありがとうございます。
とても、喜んでもらった感があります。お天気の良いこともそうだけど、主人が次の日、家の近くで、見たこともないような大きな虹を見たり、母親が面白い夢をみたりしました。
内容ですが、近所の人?たちが、何人か(10人くらい?)私の家を庭から眺めているのですが、それを家から見た父が、写真(記念写真?)とっとこか?と言ってる夢です!部屋には大きなテーブルがあって、近所の人もおられて、場を盛り上げるための女の人が、2人いたみたいです。
私が、「何かお祝い事があったみたいな夢やなぁ~」って、言ったら、母親も、「そんな感じや」と言ってました。
これは、きっと、Tさんのご供養のお祝いだったに違いありません。
昔、村に住んでた人や、ご先祖様が、集まってお祝いをしてたんだと思います。
母親は、時々、夢が鮮明に見えるので、それを聞くようにしてます!
本当に、Tさんのご供養出来て良かったです。まだまだ除籍謄本に載ってる方もたくさんおられるので迷いましたが、最近亡くなった方からとか、戦没者の方とか、考えて、依頼させてもらいました。
 いつも、ご供養引き受けてくださって本当にありがとうございます。ご先祖様が喜んでくれてるのがよくわかります。
これからも、よろしくお願いいたします。 』

  

星椎水精氏のコメント

母親の夢を通して、先祖たちが浄霊の喜びを表現したようである。このように、本当の浄霊とは、喜びや希望で満ち溢れており、そこに暗さは一切ない。一般的な供養や霊能者たちの浄霊と比べても、その違いは一目瞭然である。
先祖に対する打算のない心が、こちらの浄霊には必要不可欠となる。その純粋な気持ちが、先祖との結びつきをより強固なものとしてくれる。

タイトルとURLをコピーしました