優先

「 星椎先生様、アトランティス協会の皆様
先日は、私のご先祖様のご供養と、お名前のお呼び直しを施して下さり、誠にありがとうございます。
当日は、良いお天気で、仕事も早く帰ることができました!
そして2日後、とても嬉しいニュースが入ってきました!
私の家の隣りが空き家で、結構広い土地があったのですが、売れたみたいで、新しい人が住むことになりそうです。
何故嬉しいかというと、小さな村で、お年寄りばかりなので、ほぼ同世代の方がくることが、それがとても嬉しいのです!すごくテンション上がりました!そしてその人が、犬を二匹も飼ってて、猫も好きみたいで、嬉しいです!
まだ、家も建ててないので、住むのは、だいぶ先のようですが、ワクワクします!
村が、明るい方へ向かってる感じがしました。
本当に、ご供養している成果だと思います。
良いことばかりですが、油断せずに、ご供養続けます!!
この度も、誠にありがとうございます。

追伸:
少し気になることがあって、この前、食器が割れて、また、食器が割れました。誰かのアピールかもと思ったりもしますが、どうなんでしょうか?
ちょうど、村の人のお葬式のあった日の次の日に一個目が割れました。そして、今日と。ご先祖様なら、順番にしているし、次のご供養まで、まだ時間があるし~と、思ってます。村の人は、母親が仲良くしている夫婦の、旦那さんの親です。ご供養してあげた方が、いいのでしょうか?  」

 

星椎水精氏のコメント

浄霊を続けてゆくうちに、このように周囲の状況の好転を実感する人も多い。メールにある「明るい方へ向かっている感じ」とは、まさに先祖が明るい世界にいるということでもある。
後半の質問だが、村で最近亡くなったものの霊が、浄霊している末裔を察知し、近寄ってきたようだ。浄霊してあげたい気持ちは理解できるが、まずは自分の先祖が最優先となる。浄霊を受けられない家も、自分が今まで先祖に対し、真剣に考えなかったツケが返ってきているだけのことである。

タイトルとURLをコピーしました